八幡浜市立真穴小学校 
〒796-8053
愛媛県八幡浜市真網代戊162
TEL 0894-28-0226
FAX 0894-28-0266

H30☆☆学校日記

市内音楽発表会に参加しました

〔11月20日(火)〕

 11月19日(月)、真穴小学校3年生から6年生は、ゆめみかんで開催された「八幡浜市小・中学校音楽発表会(午前の部)」に参加しました。

 今年度は、演奏順が2番目でした。まず、「まあニャソング」を元気よく歌い、次に、真穴中学校の先輩たちと「Dream &  Dream」を歌いました。2曲とも心を一つにして歌うことができました。

 翌日、学校で「振り返りの時間」をとりました。始めに、指導していただいた先生が、鑑賞していただいた方からのメッセージを聞かせてくださいました。その後、各学年の代表の子どもが、「心が一つになったようでした。」などと、参加しての感想を発表してくれました。

 対外的な行事が終わりました。次は「愛のみかん運動」に向けて、各自ができるお手伝いを頑張ってくれることでしょう。

 

クラシック鑑賞の感想が届きました

〔11月16日(金)〕

 11月9日(金)に実施しました文化・芸術体験活動(クラシック鑑賞)の感想が子どもたちから届きました。多くの刺激をもらったようです。感想文の一部を抜粋して紹介します。

【1年生】えんそうにつかったがっきが、いまなんさいかきくことができました。

【2年生】チェロとバイオリンをひくゆみは、馬のしっぽからできていると教えてもらったとき、びっくりしました。

【3年生】ピアノとバイオリンは知っていたけど、チェロという楽きは知りませんでした。しょうかいしてもらってうれしかったです。

【4年生】ピアノのけんばんは88あること、バイオリンは高い音が出て、チェロは低い音が出ることが分かりました。

【5年生】コンサートをしてもらってとても感動しました。初めて聞く曲が多かったけれど、すばらしい演奏でした。

【6年生】迫力がけた違いでした。三つの楽器のすてきな演奏を聴いていると、心が奮い立ちました。

音楽発表会に向けて

〔11月15日(木)〕

 真穴小学校3年生から6年生は、11月19日(月)にゆめみかんで開催される音楽発表会に向けて、日々練習に取り組んでいます。今年は、小中合同で歌うため、朝の時間を活用して合同練習も行っています。お互いに刺激を受けながら、よい練習ができています。

 19日(月)の発表会での出番は、午前の部9:45からの予定です。

【演奏曲】

①まあニャソング(小学校)

②Dream&Dream(小学校・中学校)

③越えてゆけ(中学校)

※ お知らせ

  保護者の皆様にはご案内しておりましたが、本日15日(木)13:20から3階集会室で音楽発表会壮行会を開催いたします。保護者の皆様、地域の皆様。お忙しい時期ではありますがご都合がつきましたら、ご鑑賞にいらしてください。

ブックトークを開催しました

〔11月13日(火)〕

 11月9日(金)、愛媛県立図書館から講師にお越しいただき、ブックトークを開催しました。

 今回のテーマは「ブックトーク&ヒューマントーク(国際理解)」です。前半は、国際理解につながる本の紹介をしていただきました。そして後半はヒューマントークです。今回は中国と大韓民国から愛媛に来られているお二人から、それぞれの国の紹介をしていただきました。ゲームやクイズもあり、楽しみながら外国の言葉や文化に触れることができました。

 午前中はクラシックに親しみ、午後は図書に親しむことで、視野を広げることができたすてきな一日となりました。

11月は「児童虐待防止推進月間」です

〔11月12日(月)〕

 国では、11月を「児童虐待防止推進月間」とし、児童虐待を防ぐための取り組みを推進しています。平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語は  「未来へと 命を繋ぐ 189(いちはやく)」です。児童虐待の早期発見・早期通告を訴えています。

児童虐待は、次の4種類に分けられます。単独で発生することもありますが、複雑に絡み合う場合もあります。

①身体的虐待・・・殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる など
②性的虐待 ・・・子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフティの被写体にする など
③心理的虐待・・・言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力を振るう(DV) など
④ネグレクト・・・乳幼児を家に残して外出する、食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない、他の人が子供に暴力を振るうことなどを放置する など

 また、子どもを健やかに育むために、~愛の鞭ゼロ作戦~というものがあります。

①子育てに体罰や暴言を使わない。

②子どもが親に恐怖をもつとSOSを伝えられない。

③爆発寸前のイライラをクールダウン

④親自身がSOSを出そう

⑤子どもの気持ちと行動を分けて考え、育ちを応援

八幡浜市では、「社会福祉課」で、子育てに関する充実した支援を行っていただいています。また、「子どもネットやわたはま」」(八幡浜市要保護児童対策地域協議会)の相談も有効です。詳しくは、八幡浜市のホームページでご確認ください。